総量規制とは

総量規制とは

キャッシングを利用する上で知っておきたい法律というものがいくつかありますが、今回はその中のひとつ、「総量規制」について知っていきましょう。

 

総量規制とは、貸金業法の中で定められている、「個人の借入総額を制限」した法律です。
その内容は「個人の借入総額は、原則として、年収の3分の1までに制限する」といったものです。
ですから、たとえば年収が300万円の人であれば、返済する自信がいくらあったとしても、法律上、借り入れることのできる金額は上限100万円となる訳です。
こちらを知らずに年収の3分の1を超える融資希望金額で申し込みをしてしまえば、最悪は審査に落ちてしまいますし、そうでなくとも、キャッシング会社からの「もう少し有し希望金額を下げないか。」といった問い合わせに対応をしなくてはいけなくなるため、無駄手間になってしまいますのでご注意ください。

 

このように総量規制が定められているのにはもちろん理由があります。総量規制が定められる前までは、どうしても自身の収入に見合わない金額の借入をして、返済ができず、最終的には自己破産となるケースが多かったため、そういった無計画な借り入れを引き起こさないための法律です。
ですが、どうしても年収の3分の1を超えた金額を借り入れたいときもあるかもしれません。そんなときは、銀行系キャッシングを頼ると良いでしょう。

 

そもそも総量規制を含む貸金業法とは、あくまで貸金業者に適用される法律です。そのため、貸金業者とは区分上見なされない銀行系キャッシングは、総量規制の対象外となるのです。
もちろん、あまりに収入に見合わないなどといった場合には、審査に落ちてしまいますが、そうでなければ年収の3分の1を超えるキャッシングの利用が可能になりますので、必要な際にはぜひ考慮ください。