総量規制とは

総量規制とは

キャッシングを利用する上で知っておきたい法律というものがいくつかありますが、今回はその中のひとつ、「総量規制」について知っていきましょう。

 

総量規制とは、貸金業法の中で定められている、「個人の借入総額を制限」した法律です。その内容は「個人の借入総額は、原則として、年収の3分の1までに制限する」といったものです。ですから、たとえば年収が300万円の人であれば、返済する自信がいくらあったとしても、法律上、借り入れることのできる金額は上限100万円となる訳です。

 

こちらを知らずに年収の3分の1を超える融資希望金額で申し込みをしてしまえば、最悪は審査に落ちてしまいますし、そうでなくとも、キャッシング会社からの「もう少し有し希望金額を下げないか。」といった問い合わせに対応をしなくてはいけなくなるため、無駄手間になってしまいますのでご注意ください。

 

このように総量規制が定められているのにはもちろん理由があります。総量規制が定められる前までは、どうしても自身の収入に見合わない金額の借入をして、返済ができず、最終的には自己破産となるケースが多かったため、そういった無計画な借り入れを引き起こさないための法律です。
ですが、どうしても年収の3分の1を超えた金額を借り入れたいときもあるかもしれません。そんなときは、銀行系キャッシングを頼ると良いでしょう。

 

そもそも総量規制を含む貸金業法とは、あくまで貸金業者に適用される法律です。そのため、貸金業者とは区分上見なされない銀行系キャッシングは、総量規制の対象外となるのです。もちろん、あまりに収入に見合わないなどといった場合には、審査に落ちてしまいますが、そうでなければ年収の3分の1を超えるキャッシングの利用が可能になりますので、必要な際にはぜひ考慮ください。

 

総量規制対象外のローンといえば

総量規制対象外のローンといえば、銀行のカードローンなど銀行からの融資ですよね。総量規制は2010年施行された改正貸金業法において定められた『借入総額が原則年収の3分の1までに制限される』といったもので、対象は個人向け貸付けの借入総額となります。

 

つまり、個人向け貸付けであっても銀行からの借入については総量規制対象外となり、また、個人向け貸付け以外の事業用資金としての貸付けもいってみれば対象外なわけです。

 

事業用資金としての貸付けというのはビジネスローンともいわれ、中小企業向けの無担保事業者ローンのことを指します。こちらは事業資金として法人で貸付けをしますから、個人向け貸付けが対象となる総量規制は全く気にする必要がありません。

 

では、個人事業主などの場合にはどうでしょうか?これも「個人」の貸付けでは…と思いますよね。個人事業主の場合でも、借入が事業資金としての借入をする場合は総量規制の対象外となります。

 

総量規制はあくまで個人的なキャッシングなど、個人向けの無担保・無保証の借入が年収の3分の1以上となる場合において適用されるということになります。

 

しかし、個人と事業は別ものだからといって、ビジネスローンを受ける前に個人的な借入が総量規制にかかるほどあると、融資を受けることが出来なかったりまた融資枠が低くなってしまう場合があります。

 

というのは、ビジネスローンの審査では申請した代表者本人の個人信用情報を照会しますから、仮に会社の業績がよかったとしても代表者本人の信用がないという場合には融資が難しいと判断されてしまう可能性があるのです。ビジネスローンは総量規制の対象外ではありますが、決して無関係ではない、という認識が必要です。

 

総量規制対象外で即日融資・・そんな都合の良いカードローンはあるの?

貸金業法が改正されて総量規制が導入され、今までは金融業者側で融資できる額を決めていたのが、これ以降は借入総額が年収によって法的に制限されるようになってしまいました。そして今人気を集めているのが総量規制対象外のカードローンなのですが、急いでお金が必要な人も利用できるような総量規制対象外即日融資なんていう都合の良いカードローン商品ってあるんでしょうか?

 

総量規制対象外のカードローンというと、銀行カードローンがありますよね。銀行の融資は貸金業法が適用されませんので総量規制の影響を受けないのです。でも、銀行カードローンというと、低金利で限度額が高いのはいいのですが、審査が厳しい、時間がかかるというイメージがありますよね。

 

しかし最近では、銀行カードローンも即日融資可能なところが結構たくさんあり、審査も最短30分と消費者金融並みの審査・融資スピードのところもあるくらいなのです。審査はやはり消費者金融と比較すれば厳しく、甘くなった訳ではないのですが個人向け融資に対して力を入れているところもでてきていて融資に積極化しつつあるといいます。

 

つまり、総量規制対象外即日融資可能なカードローンは存在するということです。実際即日で利用できるかどうかというところはやはり審査結果によるわけですが、それでも急いでいるときに利用できる総量規制対象外のローンがあるということはいざというときのことを思うと心強いですよね。

 

総量規制対象外で審査が早いところは?

総量規制対象外で審査が早いカードローンといえばどこになるでしょうか。消費者金融など貸金業者からの借入ですといくら増枠申請したり、また他社借入したとしても総量規制で定めている年収の3分の1以上の借入をすることは法的に出来ません。総量規制対象外でカードローンを利用するなら銀行カードローンがあります。

 

銀行カードローンというと、審査に関しては厳しくて時間がかかるというイメージが強いですよね。そのため、総量規制対象外と分かっていても敷居が高い、借りにくいという印象を持っている人も多いのではないでしょうか。確かに審査に厳しく時間のかかる傾向にある銀行カードローンもあるわけですが、中には審査が消費者金融並みに早く最短30分で終わる、また即日融資可能な銀行カードローンも意外とあるんです。

 

最近では銀行も個人向け融資に積極的となっている傾向があり、審査スピードもアップするなどカードローンのサービスは向上しつつあります。即日融資可能な銀行カードローンは大手銀行やネット銀行をはじめ、地方銀行の中にもいくつかあるほどです。

 

例えば最近TVCMでよく目にする機会の多い三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックこちらは審査は最短30分、テレビ窓口を利用すれば最短40分でカードローンが利用可能となります。このような大手銀行の場合ですとそれなりに店舗数があるわけですし、そうした利便性プラス審査の早さというのは魅力的ですよね。

 

 

総量規制対象外でお金を借りる方法

総量規制対象外でお金を借りる方法としてメジャーなのはやはり銀行カードローンですね。銀行カードローンはそもそも貸金業法下にありませんから、貸金業法で定められている総量規制の影響を受けませんので、借入額に法的な制限を受けること無く借りることが出来ます。

 

銀行カードローンというと「審査が厳しい」「審査に時間がかかる」「ハードルが高い」などといったイメージを持つ人も多いと思いますが、最近では銀行自体が個人向け融資に関して積極化していて、銀行にもよりますが審査スピードの速いところも結構ありますし即日融資可能なところもあります。

 

銀行カードローン以外で総量規制対象外でお金を借りる方法としては、貸金業者以外、つまり消費者金融・信販会社・クレジットカード会社など以外から借りる方法もあります。例えば信用金庫や労働金庫、農協などといった金融機関ですね。こうしたところからの借入も銀行同様貸金業法下にありませんから総量規制対象外です。

 

また消費者金融などでも、例外貸付として顧客に一方的に有利となる借換え、つまりおまとめローンの利用でしたら総量規制外で借りることが可能なのです。アイフルやアコムなどでも、貸金業法に基づいたおまとめローンとして提供しています。総量規制の範囲を超えてしまうけれどより低金利なローンへ債務の一本化するなどの目的での借入なら、返済能力があると審査で判断されればお金を借りることが可能です。