債務整理とは

債務整理とは

キャッシングを利用するにあたって、もちろん返済は確実に済ませるのが一番ですが、時にはどうしても返済が難しくなってしまう事態もあるかと思われます。
どうがんばっても返済の目処が立たない、そんなときには「債務整理」を利用することを考えてみましょう。
債務整理とは、返済に困ったときに、無理のない返済計画を法律の力で立て直してくれるといったものです。
その方法としては、法律事務所の弁護士に相談をして、契約中のキャッシング会社へと弁護士から交渉をしてもらったり、自身の代わりに裁判所へと申し立ててもらうというような形になります。

 

弁護士に相談となると、大事のように感じられてしまい、気が引けてしまう方もいらっしゃると思いますが、本当に困った際には利用されることで、とても楽になるものですから、ぜひ前向きにご検討ください。
それでは、債務整理には3種類の方法がありますので、そのひとつひとつをご紹介していきます。

 

「任意整理」
依頼主の事情を聞いた上で、弁護士がキャッシング会社と話し合いをして、毎月の支払いを減額してもらえるように交渉してくれます。
現状の返済額だと延滞が貯まる一方だったとしても、返済額が減額になれば十分返済していくことができるといった状況ですと、こちらの方法がデメリットも少なくおすすめできます。
任意整理をすることのメリットは、任意整理の話し合いが開始次第すぐに督促がなくなることや、3年から5年を目安とした無理のない返済計画を立て直してくれること、更には借金の大幅減額に、ほとんどのキャッシング会社は「任意整理後の利息は無し」という条件に応じてくれますので、返済が楽になることはもちろんのことですが、精神的な負担もとてもやわらぐことと思われます。
任意整理は債務整理の中でも、裁判所を通す必要がないため、手続きが簡単でデメリットも少なくはなりますが、唯一、個人信用情報機関にだけは事故物件として登録されてしまい、以後5年間ほどは新たにお金を借り入れることはできなくなります。

 

「民事再生」
こちらも依頼主の事情を聞いた上で弁護士が交渉をしてくれるのですが、任意整理とは違い、裁判所を通す必要があります。
通常、任意整理をしたとしても、返済が難しいといった場合に利用される方法として、この民事再生か、もうひとつの方法である自己破産を選ぶことになります。
民事再生は自己破産とは違い、家や自動車といった財産を手放さなくて良いといった特徴があります。
民事再生をすることのメリットは、上記の通り財産を手放す必要がないことのほかに、任意整理同様、借金の大幅減額が期待できます。
デメリットとしては、こちらも任意整理同様、個人信用情報機関に事故物件として登録されてしまうほか、官報にも登録されてしまいます。ただ、官報は一般には見ることのできないものですので、それほど気にする必要はないでしょう。

 

「自己破産」
債務整理の中でもメジャーなのは、この自己破産ではないでしょうか。
こちらも弁護士に依頼をして、裁判所にて破産を申し立てることになりますが、自己破産をすると借金が帳消しになるほか、家や自動車などといった一定の財産も手放すことになります。
財産を手放すことになるということから、自己破産をしてしまえば、その先は真っ暗なのではないかと思われる方も多いのですが、実はそんなことはありません。自己破産はあくまで再スタートのための手続きなのです。
裁判所を通して行われるものですから、生活に最低限必要なものは保護されますし、ある程度の財産(一般的な家具や家電、一部の生命保険など)までは手放すことになりませんので、ご安心ください。
そのほか、仕事をクビになってしまったり、選挙権の剥奪や年金がもらえなくなってしまうのではないかといった憶測が飛び交う自己破産ですが、それらのようなことは一切ありませんので、こちらも心配ありません。
以上の事柄がメリットとなりますが、デメリットとしては、個人信用情報機関と官報に記載されてしまうことのほか、弁護士や司法書士、それから税理士といった資格を失うことがあげられます。ただし、資格を失っても免責決定と同時に復権することができますので、悲観的になりすぎる必要もないでしょう。